2017年5月22日月曜日

レシピ

パンニュース 2017年 洋菓子特集号
~『フルーツを使ったパンと菓子』 輸入商社からのレシピ提案~に
掲載して頂いたレシピをご紹介いたします。


「フランボワーズ」
フランボワーズのピューレを入れた生地にアーモンドクリームと
プラリネロゼコンカッセを巻き込んだデニッシュです。


配合と工程はこちら↓

冷凍ピューレフランボワーズ入りの生地を仕込み、冷蔵します。
ピューレフランボワーズを入れたアーモンドクリームを作ります。

ピューレフランボワーズ 150g、バター 200g、砂糖 160g、
アーモンドパウダー 200g、フランスパン専用粉 40g、全卵 50g

生地にバターを折り込んで、
クリーム300gとプラリネロゼコンカッセ300gを巻き込みます。


華やかな色合いとナッツの香ばしい風味が特徴のデニッシュです。

2017年5月18日木曜日

製パン講習会お申し込み状況




弊社主催の製パン講習会
“Tradition トラディション”


「東京会場」、「神戸会場」ともに
募集定員に達しましたので
締め切らせて頂きました。

ありがとうございました。

 

2017年5月9日火曜日

レシピ

パンニュース 2017年 洋菓子特集号
~『フルーツを使ったパンと菓子』 輸入商社からのレシピ提案~に
掲載して頂いたレシピをご紹介いたします。


「カシス」
カシスのピューレを入れたデニッシュ生地とカスタードクリームに、
カシスプルードロップショコラを包み入れたヴィエノワズリーです。


配合と工程はこちら↓



冷凍ピューレカシス入りの生地を仕込み、冷蔵します。

ピューレカシスを入れたクリームを作ります。

ピューレカシス 250g、 牛乳 100g、バター 30g
砂糖 60g、卵黄 60g、薄力粉 30g


生地にバターを折り込んで、
クリーム300gとドロップショコラ150gと
カシスプルー50gを折り入れていきます。
カシスプルーはクレーム・ドゥ・カシスリキュールで漬けたカシスです。



ドロップショコラを甘みと食感のアクセントとして加えました。
カシスの繊細な香りと酸味を楽しめるデニッシュです。


2017年4月28日金曜日

NEWS


☆パンニュースに記事が掲載されました☆
 
パンニュース 2017年 洋菓子特集号に
~ 『フルーツを使ったパンと菓子』 輸入商社からのレシピ提案~
を掲載していただきました。




掲載していただいた5点の製品をご紹介します。


混ぜ込んだカンパーニュ。
『ブノワトン・オランジュ・ショコラ』


冷凍セミコンフィシトロンを入れた生地と
マカロン生地を組み合わせたヴィエノワズリー。
『ブリオッシュ・オ・シトロン』


カシスのピューレを入れた生地と
カシスプルーを包み入れたデニッシュ。
『カシス』


フランボワーズのピューレを入れた生地に
プラリネロゼコンカッセを巻き込んだデニッシュ。
『フランボワーズ』


マンゴーのピューレを入れた生地で
マンゴーモルソーを包んだブリオッシュ。
『マンゴー』


詳しい作り方は追ってご紹介いたします。



2017年4月24日月曜日

レシピ


おすすめのレシピ

パンの旨みと風味を向上する機能性素材、
フルネテロワール″を使用した

味わいがしっかりとしています。
シンプルにバターを塗っていただくのもお勧めです。



フォカッチャも同様に、旨みが強いので
塩とオリーブオイルで楽しんでいただけます。

オリ オリーブオイル  サリーヌ・ドゥ・ゲランド

2017年4月20日木曜日

製パン講習会のお知らせ


弊社主催の製パン講習会を東京・神戸で開催致します。

内容は“Tradition トラディション”です。


●フランスパン ディレクト法
●パン・オ・ルヴァン
●パン・ド・カンパーニュ 冷蔵法


冷蔵法は復温・生地の水分量について比較検証を行います。
発酵種については、調整管理する際の注意点を中心に
実習と講義を行います。

フランスパンにご興味のある方、
また、フランスパンの工程や製法について
お悩みのある方はぜひこの機会をご利用ください。
ルサッフル社のイーストをはじめ、サフルヴァン、
改良剤、製パン機械のご提案をいたします。

※ 受講対象者:製パン業に3年以上勤務の方

                   講  師:日仏商事 研究開発課スタッフ

        開催日時:東京  6月 6日(火)10時~17時 
                神戸  6月 21日(水)10時~17時
    
                   場  所:日仏商事 東京事業所神戸本社  ←地図はこちらです。

      定  員:15名 各会場(東京・神戸)

      受 講 料:2000円

      申込方法:「電話」
 
        東京会場:03-5778-2486(担当:研究開発課)
        神戸会場:078-265-5770(担当:研究開発課)

        ※お名前と所属先、電話番号をご連絡下さい。

      申込期間:定員になり次第締め切り

        

2017年4月6日木曜日

製パン講習会




製パン講習会を開催しました!
2017.03.14 at Tokyo/2017.03.22 at Kobe



日仏商事の研究開発課スタッフが主催する製パン講習会を
東京、神戸の2ヶ所で開催しました。


講習テーマは“Tradition トラディション”です。
フランスパン ディレクト法、フランスパン 冷蔵法を中心に
実習と講義を行いました。


フランスパンのミキシング(長・短)についてテスト形式で検証し、
冷蔵法はブロック冷蔵を中心に、冷蔵時のボックスの違いによる
製パンの比較や、冷蔵発酵の生地を扱う際の注意点、
現場での対応法について説明いたしました。


 <講習内容>
◆ 「フランスパン ディレクト法」

ミキシング(長・短)
◆「冷蔵法(ブロック冷蔵)」


<実演の様子>

フランスパンのミキシング時間について、
テスト形式で皆様と一緒に確認しながら講習は行われます。


生地を「コントロール」とミキシング時間の「短い」「長い」の
3パターンで比較検証します。
冷蔵法は保管するボックスに対しての生地量を変えて
生地の状態を確認していきます。


成形は手成形で。




焼成したフランスパンを試食して最終確認を行います。



この講習会では、皆様が普段疑問に思っていらっしゃること、
現場ではなかなか確認(テスト)が難しいことなどを
実際に検証していただけます。

また、製パンに関する問題解決のお手伝いは
いつでも承りますのでお気軽にご相談ください!